*

ウェブマスター ツールの構造化データでauthor がありません、updated がありませんとエラーが出る。

公開日: : 最終更新日:2014/05/23 Googleアドセンス, Stinger, WordPress


スポンサードリンク



前々から気になっていたのですが、

「ウェブマスター ツール」の「検索デザイン」>「構造化データ」>「hentry(マークアップ: microformats.org)」で
エラー

  • author がありません
  • updated がありません

が一杯表示されます。

運用環境としては「WordPress 3.8.1」でマルチドメインで複数サイトを立ち上げているのですが
利用しているテーマは
「stinger3」のバージョンstinger3ver201310と
「Twenty Fourteen」のバージョン1.0です。

実際のイメージ(「stinger3」のサイト)は以下の通りです。
スクリーンショット 2014-04-06 16.38.55

とりあえず修正した方が良いと思い修正した時のメモのエントリーとなります。
当然ですが、「ウェブマスター ツール」が表示しているエラーですので、反映は何日か後となりますので、反映結果が出次第エントリーを作成いたします。

まずは、「stinger3」に対する修正のエントリーの内容を前編で
「Twenty Fourteen」を後編で記載したいと思います。

 

「WordPress」のテーマ「stinger3」での問題の修正

「WordPress」のテーマの中でもかなりメジャーな「stinger3」ですからきっと答えはGoogle先生が教えてくれるはず!
と思いググルと、ありました。

・「人生のエンジンを届けたい ENJILOG」様の「WordPressユーザー要注意!〜構造化データのエラーでアクセス激減?」

・「田舎に住みたいエンジニアの日記」様の「「entry-title がありません」「updated がありません」「author がありません」ウェブマスターツール 構造化データ(hentry)のエラーへの対応策」

「single.php」の修正が必要なようです。
「hentry」をClass属性から取り除けばエラーは無くなるようですが、
「hentry」を残す対応を行います。

single.phpのダウンロード

修正を行う「single.php」を、FPTアプリを利用してローカルPCにダウンロードします。

この際に、必ず修正する「single.php」のバックアップを作成しておいてください。

「stinger3」の場合は「WordPress」のインストールフォルダ配下の
/wp-content/themes/stinger3ver20131023/
に「single.php」は有ります。

なお、stinger3ver20131023のver後の数値は、ご利用の「stinger3」によって異なりますのでご注意ください。

もう1つ注意点ですが、Windowsマシンをお使いの方は、必ずメモ帳以外のテキストエディタを利用して「single.php」を編集ください。
個人的には「EmEditor」がオススメです。

「updated がありません」への対応

公開日情報のタグのClassに「date updated」が含まれていないことが問題です。

と思ったのですが、公開された後で、記事が更新される場合は、更新日情報ののタグのClassに「date updated」を含め
公開日情報のタグのClassに「date updated」を含まない方がよいのではないかと思い以下のような修正を行いました。

修正前の「single.php」の該当部分

修正したソースの該当部分は以下の通りです。

修正後の「single.php」の該当部分

修正後のソースは以下の通りです。
更新されていない記事の時と、更新されている記事の時でタグのClassに「date updated」を入れる処理を分岐しました。

「author がありません」への対応

こちらも「updated がありません」の対応を行った「single.php」への修正となります。
こちらは
・「田舎に住みたいエンジニアの日記」様の「「entry-title がありません」「updated がありません」「author がありません」ウェブマスターツール 構造化データ(hentry)のエラーへの対応策」
に説明していただいている方法そのままで行きます。

とはいえ、stinger3ver201310のsingle.php」では
the_author()メソッドが呼び出されていなかったので

の直後に

を追加いたしました。
元々作成者名は画面に表示していなかったのでhiddenにしています。

これでエラーが無くなるといいのですが。


スポンサードリンク



関連記事

no image

久しぶりに攻撃されました。

本当に怖い世の中になってますね。 久しぶりに攻撃されちゃいました。 古いWordPres

記事を読む

no image

WordPressにGoogle Analyticsを導入する。

WordPressのアクセス解析には「StatPress Reloaded」を利用しているのですが、

記事を読む

no image

Googleアドセンスでビルボード(970×250)およびポートレート(300×1050)サイズが利用可能になりました。

「AdSense Insider 2014 年 6 月」を見て私は喜びました。 見ての通りですが、

記事を読む

no image

WordPressのテーマStinger3におけるstyle.cssの修正点の備忘録

WordPressのテーマStinger3におけるスタイルシート修正(style.css)の備忘録で

記事を読む

no image

突然WordPressの「投稿一覧」画面に存在するはずの投稿がみつからないず「投稿が見つかりませんでした。」と表示される。

なんだか昨日からおかしいと思っていたのですが 突然WordPressの「投稿一覧」画面が以下のよう

記事を読む

no image

ウェブマスター ツールの構造化データでauthor がありません、updated がありませんとエラーが出る。[結果報告]

前回修正したウェブマスター ツールの構造化データのエラー発生の件の結果報告をさせていただきます。

記事を読む

no image

WordPressのソースを読んでみる【その1】

少しずつですがWordPressのソースを読んでいこうと考えております。当然WordPressはPH

記事を読む

no image

WordPressで既存の投稿(エントリー)を更新するとcron.phpの処理でタイムアウトが発生する時の対処方法

WordPressで既存の投稿(エントリー)を更新するとブラウザに以下のように表示されるようになった

記事を読む

no image

ソースコードの表示をCrayon Syntax Highlighterに変更しました。

WordPressにgoogle code prettifyを導入する。で行った設定でソースコードの

記事を読む

no image

WordPress 3.8にアップデートしました。

利用しているWordPressを3.8にアップデートしました。 利用しているテーマはStinger

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE
PAGE TOP ↑